RSS
 

ZiwiPeak商品について

犬の体は長い時間をかけて独自の進化を遂げてきました。

特に、消化管は雑食性の豚や草食性の羊と比べて非常に短く、肉をすばやく消化できるよう発達しています。

こういった体のしくみから見ても、本来肉食の犬には高たんぱく・高脂肪・低炭水化物の食事が適しているのです。

近ごろの調査によれば、米国の4 0%以上の犬が肥満と推定されています。

その主な原因は過食と運動不足。つまり、炭水化物に偏ったフードを食べ過ぎていること、カロリーを十分に消費できていないことが問題となっているのです。

肉が主体で栄養バランスの良いZiwiPeakのフードなら、少量で十分な栄養を摂取することができます。

ZiwiPeakクィジーンは動物医学の専門家が考案したフードです。犬用栄養食としてAAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をすべて満たしています。

肉を主体とするZiwiPeakのフードはスムーズに消化され、効率よく体に吸収されます。

そのため、穀物を使用した高炭水化物フードでは多くなりがちな、腸内ガスと便の量が少なくなります。

これは室内犬や都市部の飼い主さんにとってもうれしい利点です。

安価なペットフードはたくさん市販されていますが、低品質の穀物・穀物副産物に由来する炭水化物を大量に含むものは珍しくありません。

加えて、合成保存料・着色料・増量剤なども広く使用されています。

このようなフードでは、大切な愛犬のためになるどころか、活力や健康の妨げとなりかねません。

犬は体内でミネラルを生成することができません。また、生成できるビタミンの種類も限られています。

ビタミンDは体内で生成されますが、それだけでは十分な量が得られないので、やはり食事から摂取する必要があります。

そこでZiwiPeakはレバーや魚油などビタミンDを豊富に含む食材を加えました。

近ごろの調査によれば、米国の4 0%以上の犬が肥満と推定されています。その主な原因は過食と運動不足。

つまり、炭水化物に偏ったフードを食べ過ぎていること、カロリーを十分に消費できていないことが問題となっているのです。

肉が主体で栄養バランスの良いZiwiPeakのフードなら、少量で十分な栄養を摂取することができます。

野生の犬なら狩りで仕留めた獲物はほぼすべて食べつくし、内臓からも価値ある栄養を摂取します。

ZiwiPeakはレバー・ハート・キドニー・トライプ(胃)なども自然で健康な食事の一部と考え、フードにしました。

栄養源となるフードだから、生の素材の栄養価をできるだけ損なわない方法で加工することが大切です。

ZiwiPeakのエア・ドライ製法は、たんぱく質やビタミンなどの本来の栄養価を保ちつつ、ゆっくりと時間をかけて水分を除去する、とても優れた製法です。

できたてを密封して、栄養たっぷりでお届けしています。

進化の過程で野生の狼と分かれて1万年以上たった今でも、犬にとっては、野生で狩をしていた頃と同じ、肉中心の天然食が一番です。

狩の獲物を再現したフードで、エネルギーあふれる健康な体を支えてあげましょう。

一般的に大量生産されている高炭水化物フードは、犬にとっては代謝効率の悪い食事です。

ページトップへ