RSS
 

パートナーの歯磨きについて

素材の味をそのままに、生の原料を干しただけのオリジナル無添加おやつ、お肉・お魚シリーズ。
なかに牛・七面鳥・馬のアキレスも取り扱いがあります。
牛 アキレス
http://www.dog-life-plus.com/SHOP/OR-14.html


七面鳥 アキレス(ぺらぺらですが、結構長持ちで、シニアや小型犬にもオススメ☆)
http://www.dog-life-plus.com/SHOP/OR-11.html


アキレスといえば長持ちおやつとしても、ストレス発散としても人気で、トレーニング用にクレートの中で与えるオーナーさんや、お客様がいらした時に「しずかにしていてね…」という意味での使用もできますよね。
パートナーが喜んでカ〜ミカ〜ミしている間に、歯磨き効果を期待しての使用もありますが、そもそもなぜワンコに歯磨きが必要なのでしょう??

まず、人と犬とでは口腔内のPH(ペーハー)が違い、人の口腔内は弱酸性、犬の口腔内は弱アルカリ性で、そのために、虫歯菌が繁殖しにくいとされます。
(この違いはまたの機会にふれますね。)また、犬の歯は薄くとがった形をしているので、虫歯菌がたまりにくいとか…私達が歯磨きをするのは虫歯予防!!と小さいころから教わるので、虫歯になりにくいお口ってうらやましいですよね…で、なんで歯磨きが必要なの??じつはアルカリ度が高いワンコのお口の中は、歯石がつきやすい!?歯垢→歯石となるのですが、人間は約20日かけて歯垢→歯石となるのに比べて、ワンコの歯垢→歯石サイクルは約3〜5日と言われています。歯石がついてしまうとお家でとってあげることが難しくなり獣医さんのもとで歯石除去を行ってもらわないといけなくなります。また、歯石をそのままにして歯周病菌だらけのお口にしてしまうと、歯が抜け落ちたり、歯周病菌が血管に侵入して心臓や腎臓などに疾患を引き起こしたりする場合もあるといわれているんですよ。
つまり、パートナーの歯磨きのポイントはミントの香りでお口をすっきりさせることではなく、歯垢や食べかすを取り除いてあげることなんですね。
小さい頃からお口の周りを触っていれば、パートナーの歯磨きも決して難しいことではありませんが、おとなしく歯の1本1本を磨かせてくれるはずもなく…そんな時にはおいしいものをたべつつも歯磨きしてもらいましょ〜。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100016889&eid=28

ページトップへ